弁護士の長所

注射器予防接種時の注射針の連続使用によって、B型肝炎になってしまった場合には被害者の救済の観点から国から給付金を得ることができます。訴訟を起こした方の病気の程度によって給付金の額が決まってきます。更には予防接種時の注射針の連続使用によって、B型肝炎になってしまった母親から母子感染によってB型肝炎になった場合も国から給付金を受け取ることが可能です。一方で、これらの給付金の該当者が既にお亡くなりになっているような場合には、遺族の方が代わりに給付金を受け取ることができるようになっています。しかしながら、給付金を受け取る際には、訴訟を起こすことが必要になります。そのためには医療機関からの証明書も必要になりますので、訴訟を起こすまでのプロセスは時間がかかる場合が考えられます。どのような証明書を医療機関に依頼することが必要になるのか、更には、どのような書類を訴訟には準備しなければいけないのかを把握して用意していくことが必要です。訴訟を起こすことは誰でもができることですが、法律に沿った手続きを踏まなければ訴訟をすることができなくなってしまいます。

一般的にB型肝炎の訴訟は6-8か月程度で和解になることが多いのですが、それは訴訟をしてからの期間であって、訴訟の準備に要する時間は含まれてはいません。例えば法律のプロである弁護士であれば、短期間で準備が完了するはずですが、一般の方では、多くの時間を費やすことになってしまいますので時間的なロスが多くなってしまいます。