弁護士に相談

弁護士B型肝炎の訴訟に関してはほぼ100%和解金を受け取ることができるものです。なぜならば、国が被害者を救済する立場をとっているからです。しかしながら、そのためには訴訟することができるかどうかをあらかじめ判断することが必要です。もちろん誰でもが訴訟を起こすことはできますが、一定の要件を満たしていなければ、給付金を国から受け取ることはできないからです。

したがって、まずは、国に相談をして、訴訟を起こすことができる要件を満たしているかどうかを確認してみるといいでしょう。確認の方法として一番お勧めなのが弁護士に相談をすることです。弁護士に相談をしてみれば、訴訟可能かどうかの判断を下してくれるはずです。弁護士が判断して、訴訟可能であるということになればほぼ100%給付金を受け取ることができるようになるはずです。

弁護士への相談費用が心配になるかもしれませんが、多くの弁護士が初回の相談は無料という制度を導入していますので、費用の面は心配しなくてもいいでしょう。将来、弁護士を通じてB型肝炎の訴訟を行う場合も弁護士費用の一部は国が負担をしてくれますので、安心して仕事を弁護士に依頼することが可能になります。しかも弁護士費用後払いの弁護士もいます。

【関連サイト】B型肝炎 訴訟