弁護士の分野

パソコンB型肝炎の訴訟に関しては弁護士に代行をお願いするのが良いのは言うまでもありませんが、実は同じ弁護士といってもそれぞれ専門分野がありますので、医療関係の訴訟をこれまで何度も扱ってきた方に仕事を依頼することがお勧めになります。他の分野の弁護士ももちろんB型肝炎の訴訟を起こすことはできますが、慣れていないと時間がかかってしまうことが考えられますので、HPなどでB型肝炎に関する訴訟をこれまで何度も行った実績がある弁護士を探して、仕事の依頼をするといいでしょう

実際に弁護士に会ってみて仕事の依頼をすれば、実績のある弁護士であれば、スムーズに色々な問題点に対して依頼者の立場に立ってアドバイスをしてくれるはずです。何人かの弁護士とあってみれば、自分の案件に一番適した弁護士を探し出すことが可能になるはずです。

また、弁護士に仕事を依頼する場合には当然費用が必要になりますが、見積もりを依頼してみて、その費用を確認してみることもお勧めです。また、医療的な内容も相談してみるといいでしょう。もちろん医療の事は弁護士の専門分野ではありませんが、B型肝炎の場合には医療関連の訴訟ですので、そちらの分野の知識も弁護士が持っている方が訴訟においては有利な場合が多くなります。

弁護士に相談

弁護士B型肝炎の訴訟に関してはほぼ100%和解金を受け取ることができるものです。なぜならば、国が被害者を救済する立場をとっているからです。しかしながら、そのためには訴訟することができるかどうかをあらかじめ判断することが必要です。もちろん誰でもが訴訟を起こすことはできますが、一定の要件を満たしていなければ、給付金を国から受け取ることはできないからです。

したがって、まずは、国に相談をして、訴訟を起こすことができる要件を満たしているかどうかを確認してみるといいでしょう。確認の方法として一番お勧めなのが弁護士に相談をすることです。弁護士に相談をしてみれば、訴訟可能かどうかの判断を下してくれるはずです。弁護士が判断して、訴訟可能であるということになればほぼ100%給付金を受け取ることができるようになるはずです。

弁護士への相談費用が心配になるかもしれませんが、多くの弁護士が初回の相談は無料という制度を導入していますので、費用の面は心配しなくてもいいでしょう。将来、弁護士を通じてB型肝炎の訴訟を行う場合も弁護士費用の一部は国が負担をしてくれますので、安心して仕事を弁護士に依頼することが可能になります。しかも弁護士費用後払いの弁護士もいます。

【関連サイト】B型肝炎 訴訟

弁護士の長所

注射器予防接種時の注射針の連続使用によって、B型肝炎になってしまった場合には被害者の救済の観点から国から給付金を得ることができます。訴訟を起こした方の病気の程度によって給付金の額が決まってきます。更には予防接種時の注射針の連続使用によって、B型肝炎になってしまった母親から母子感染によってB型肝炎になった場合も国から給付金を受け取ることが可能です。一方で、これらの給付金の該当者が既にお亡くなりになっているような場合には、遺族の方が代わりに給付金を受け取ることができるようになっています。しかしながら、給付金を受け取る際には、訴訟を起こすことが必要になります。そのためには医療機関からの証明書も必要になりますので、訴訟を起こすまでのプロセスは時間がかかる場合が考えられます。どのような証明書を医療機関に依頼することが必要になるのか、更には、どのような書類を訴訟には準備しなければいけないのかを把握して用意していくことが必要です。訴訟を起こすことは誰でもができることですが、法律に沿った手続きを踏まなければ訴訟をすることができなくなってしまいます。

一般的にB型肝炎の訴訟は6-8か月程度で和解になることが多いのですが、それは訴訟をしてからの期間であって、訴訟の準備に要する時間は含まれてはいません。例えば法律のプロである弁護士であれば、短期間で準備が完了するはずですが、一般の方では、多くの時間を費やすことになってしまいますので時間的なロスが多くなってしまいます。